今話題の血液クレンジングについて知ろう!

血液クレンジングとは?

血液クレンジングとは医療大国ドイツで発祥した比較的新しい治療方法のことで、自分の血液を採取して、医療用オゾンで酸素飽和度を高め、綺麗になった血液をまた体内に戻すというものです。その効果は幅広く、慢性的な症状に効果を示すとのことです。この治療方法を実践している有名な人の中にイギリスエリザベス女王の母親であるクイーンマムも実践しています。彼女は主に老化防止のために血液クレンジングを利用していたとのことです。

血液クレンジングの効果について

血液は人間にとって最も大事なものの一つですね。その為、血液を綺麗にすることによって色々な有効作用があることは明らかです。まず、体の不調が改善します。体の不調の種類には冷え症、疲労感の回復、虚弱大使の改善などが挙げられます。次に糖尿病などの成人病にも聞くとされています。また、癌の自己治癒力を高めたり、アトピーなどの皮膚症状の改善、アンチエイジングにも効果が高いとされ、万人にオススメしたい治療方法ですね。

血液クレンジングの施術の流れ

血液クレンジングはどのような流れで行われるのでしょうか。まず、初めに専用の容器に血液を採取します。採取する血液は100mlほどが基本です。次に、血液にオゾンを注入します。こうすることで血液がオゾン化され、酸素飽和度が高くなります。酸素飽和度が高いということは抗酸化力も高まり、クリーンな血液になるということです。この血液を点滴で体内に戻します。すると、オゾン化された血液が体内を巡り、ドロドロだった血液を瞬く間にサラサラにしてくれるのです。これは是非受けてみたいですね。

血液クレンジングの効果としては、血液の循環が良くなることで美容やダイエットにも良いですし、抗アレルギー作用もありますのでアトピー性皮膚炎や花粉症、気管支ぜんそくにも良いと言われています。

違いを知っておきたい!病院で使う検査用の医療機器の特徴と違い

身近な検査装置レントゲン

検査を必要とする場合に、最も一般的なのがレントゲンです。ほとんどの人が、学校や会社での健康診断で、肺の検査をするのにレントゲンを受けた事があることでしょう。レントゲンは、X線を使った検査です。基本的にはX線照射装置とフィルムの間に体を置いて撮影します。近年は、フィルムに限らずIP,FRD,CRなどが主流になってきていて、モニター画像で判断する事も多くなっています。レントゲンは、X線を透過させるものと、そうでないものが白黒の影でうつります。外からは見えない身体の内面がどうなっているかを判断するのに使いますが、最も効果的なのが骨です。骨折状態を把握するには最適で、整形外科にはレントゲンが欠かせません。また歯も同様に、レントゲンがわかりやすく、歯科医でレントゲン撮影することも多いです。肺の検査にも強く、結核、肺炎、肺がんなどの診断にも用いられています。レントゲン撮影のデメリットは、微量ながらX線を使う事です。集団検診の肺の検査で0.3ミリシーベルト程度の被ばくとされています。一方のメリットは、他の検査に比べ安価でスピーディーであるという事です。

CTスキャンは、レントゲンのバージョンアップ版

CTスキャンは、テレビドラマ等で時々登場する医療機器です。その原理は、X線であるのでレントゲンと基本同じですが、レントゲンが写真だとすると、CTスキャンは3次元映像みたいなものです。患者は横たわって、丸い筒状のCTスキャン装置を通ります。縦横斜めと色々な方向から、X線で連続的に撮影されたデータは、機械で処理され立体的3次元映像となります。このため、手術を要する時などには事前検査をする事に有効であるだけでなく、骨、血管のどこを通るかという様な具体的手術計画やシミュレーションをたてる事にも有効です。このため歯科では、虫歯の治療診断にはレントゲンが有効であるけれども、外科手術を要するインプラントをするのであればCTスキャンで顎の骨の状態を詳細に把握しておくことが手術の成功に必須とも言われています。ただし、CTスキャンにはデメリットもあります。ひとつは、被ばく量がレントゲンに比べて大きい事です。撮影範囲等にもよりますが、10ミリシーベルト程度の被ばくもある様です。また窓口での患者負担が健康保険を使っても5千円以上することはもちろんですが、装置自体が高額で扱っていない医院が多数派です。

MRIはCTスキャンと見た目が似ているけれど?

CTスキャンと見た目がそっくりの医療機器に、MRIがあります。MRIも高額な装置である点、精密なデータが得られるという点はCTと同じですが、その原理は全く違います。MRIの原理はX線ではなく、磁場を使います。磁石のイメージです。核磁気共鳴画像法といい、被ばくという点においては、MRIは心配なしです。MRIの本領は、3次元画像にありますが、同時に時間的変化までも捉えられるという特徴があります。そのため、組織分解能が高く、病変と正常な部分の違いをいち早く見つける事が出来ます。デメリットとしては、ペースメーカーを使う人には使えないということ、検査時間が比較的長いという事です。レントゲンは一瞬です。CTスキャンは10分から20分、MRIは20分以上という感じです。ですから全身をという様な場合は、CTスキャンの方が有利です。とはいえMRIは骨の影響を受けないので、骨の検査にはCTが向いているけれど、組織的な事を見たい場合、脳、頸椎、関節などにはMRIの方が有利です。

医療用水設備とは、病院の各種治療で使う水を目的に合わせた質で作る、また使用した水をきれいに排出するために処理するシステムです。水を大量に使う透析治療などで、活躍しています。