さまざまな年齢層で活用されているカラコンについて。

若い世代でのカラコンの使用について。

カラコンは、今や男女や年齢を問わずに愛用する人が多いアイテムですが、年代によって使用される目的もさまざまであると思われます。中学生や高校生などの若い世代では、カラコンをしていることが流行だからということや、カラコンをした方がかわいく見えるから、という考えで使用している人が多いです。また、大学生で特に就職活動をしている人は、比較的自然に見えるカラコンを使用することで、印象のアップを目指して採用につなげたいと思う人も多いです。若い世代は、自分をより魅力的に見せるためにカラコンを使用することが多いと思われます。

多忙な主婦やママたちのカラコンの使用について。

特に女性は、結婚や出産や育児によって、自分のために使える時間も少なくなり、メイクもゆっくりできなくなったりします。また、育児中に子どもを抱っこする時などに、メイクが子どもの肌に触れたりすることを心配してメイクがしづらいこともあると思います。そういう時にカラコンを使用することで、それほどしっかりしたメイクをしなくても、さらにはメイクをしない状態でも印象が大きく変化するので活用する人も多いです。カラコンは一般的なコンタクトレンズと同様、短時間で装着でき、しっかりとメイクをするよりも時間をかなり短縮できるのです。

アラフォーやアラフィフでのカラコンの使用について。

カラコンは、今や年齢を問わず使用する人が多く、いわゆるアラフォーやアラフィフの人たちも活用している人がいます。カラコンを使用することで目の黒目の部分の色が変化したり、黒目の部分が大きくなったりするので、実年齢よりも見た目が若く見えるようになります。近年は、40代や50代以上の女性でも美容に対する意識が強く、実際に実年齢より若く見える人も多くいます。メイクやお肌のお手入れなどでも見た目の若さは手に入れることができますが、簡単に使えるカラコンはさらにその見た目の若さを強調するアイテムとなっているのです。

カラコンには、様々な色やデザインのものがあります。装着することによっておしゃれな目元を演出することができるのが特徴です。

心臓病の危険因子!動脈硬化について知っておく

心臓病と動脈硬化の関係

心臓病は動脈硬化と切っても切り離せない関係にあります。動脈硬化とは血管の病気ですが、心臓病は血管と密接な関係にあるからです。心臓は冠動脈という血管に覆われており、この冠動脈に異常が起こると、心臓に酸素や栄養が運べなくなって、心筋梗塞や狭心症を引き起こしてしまいます。したがって、心臓病を予防するためには、まずこの動脈硬化を予防する必要があるのです。それでは、動脈硬化とはどのような病気なのでしょうか。

動脈硬化は血管の老化現象

動脈硬化は、簡単に入ってしまえば血管の老化現象です。血管にも年齢のようなものがあり、肌年齢があるように血管年齢というものもあるのです。肌の場合、老化してくるとシミやしわが増えてきてしまうものですよね。血管も同じように、老化とともに針がなくなってしまったり、昨日が弱まってしまうものなのです。いちばん厄介なのは、肌の老化が見た目にもよくわかるのに対して、血管の老化はわからないということです。そのうちに放置されてしまい、気付いたら動脈硬化になっていたなんてこともよくあるのです。

コレステロールが大きく関係

動脈硬化にはコレステロールが大きく関係しています。コレステロールという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それが何に良くないのかということは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。コレステロールの中でも悪玉コレステロールは動脈硬化と密接な関係にあります。さらに悪玉コレステロールの中でも、より微細で小型の超悪玉コレステロールは血管内壁にこびり付きやすく、動脈硬化の直接的な原因を形成したりもします。コレステロール値を改善することは、動脈硬化を、ひいては心臓病を予防することにつながるということなのです。

僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁がうまく閉鎖しなくなり、左心室から大動脈に押し出されるはずの血液が逆流する病気です。左心室が十分機能していれば無症状ですが、悪化すると呼吸困難や息切れなどの症状を伴います。